こんにちは。まあこです。

日経225先物取引とは、どんな投資なのでしょうか。

副業に向いているのかどうか知りたくて、調べてみました。

(目次)
①日経225先物取引とは?


②日経225先物取引の魅力(メリット)

③日経225先物取引のデメリット

④日経225先物取引に向いている人

⑤日経225先物取引に向いていない人

⑥まとめ

①日経225先物取引とは?
日経225とは、日経平均株価とも呼ばれます。

 

日経平均とは、東証一部に上場する株式のうち、代表的な225銘柄を対象とした株価の平均値をいいます。

 

日経225先物取引とは、日経平均株価の将来の株価を予測して取引することで利益を目指すことです。

 

「日経225先物取引」の10分の1のミニサイズとなる商品で「日経225ミニ取引」も、個人投資家の間で人気を呼んでいます。

 

取引を始めるには、まずは証券会社に登録をして取引口座にお金を預けます。

 

これを証拠金といいます。

 

日経225先物の場合、購入単位は1枚、2枚・・・と数えます。

 

取引の単位は、日経平均株価の1,000倍です。

 

日経平均株価が17,000円だとすれば、17,000円×1,000=1,700万円が取引価格です。

 

となると、投資資金は1,700万円も必要なのかな?と思ってしまいますが、そうではありません。

単位1枚を購入する場合、証拠金として、約80万円が必要です。(証券会社により金額は異なります)

証券会社に証拠金を預けて予約を入れれば取引可能です。

 

例えば、1枚あたり80万円の資金で購入したとして日経平均株価が10円上がれば、

 

10円×1,000=1万円の利益を得られます。

 

逆に、日経平均株価が10円下がれば、1万円の損失という事になります。

参考)日経225miniだと、日経225の10分の1のリスクで、始められます。
日経225miniの場合、大体70,000円〜100,000円の証拠金で始められます。(証券会社により金額は異なります)

②日経225先物取引の魅力(メリット)
株価が17,000円の場合、約80万円の証拠金を元手に1,700万円の売買を取引できる点は、非常に投資効率が良いと言えます。

 

証券会社によって異なりますが、10倍以上のレバレッジをきかせることも可能です。

取引可能時間が長いこともメリットです。

 

株式の現物取引・信用取引は原則「前場」「後場」の午前9時〜15時の取引となっていますが、日経

 

225先物取引の場合、イブニングセッションと呼ばれる夕方以降の取引可能な時間帯があります。

さらに、差金決済が可能という点は、短期トレーダーの方にはうれしいメリットです。

日経225先物取引は、株券の受け渡しを行わず、指数を売買するため、差金決済が可能です。

差金取引とは、売った値段と買った値段から利益や損失を計算し、その差額を受け渡すことで取引を完了させる取引です。

差金決済だと、デイトレードで証券会社に資金が拘束されないため、証拠金が足りていれば1日に何回でも取引をすることができます。

取引は、売りから入ることができます。

将来価格が下がるとわかっていれば、最初に高いところで売って、後から安く買い戻せば利益となります。

つまり、相場が下落傾向であっても、利益が出せる仕組みとなっています。

③日経225先物取引のデメリット
投資である以上は、リスクやデメリットがあります。

 

日経225先物取引は「先物取引」ですので「取引期限」があります。

 

これを限月取引(げんげつとりひき)といいます。

 

3月、6月、9月、12月の取引期限がありますので、例えば11月に同年12月限月の日経225先物に投資した場合、決済までの期間は1カ月程度ということになりますので、注意が必要です。

高いレバレッジをかけることができる魅力いっぱいの日経225先物取引ですが、同時にリスクも伴います。

 

仮にレバレッジ10倍で取引する場合は、株価指数が5%上下するだけでも証拠金資産元本の50%が変動する危険性を伴いますので、その分、資金の許容度を超えないよう十分に注意が必要です。

日経225先物取引などの証拠金取引には、証券会社による強制ロスカット(損切り)の仕組みがあります。

 

証拠金が一定割合を下回るほどの評価損が発生して、追加証拠金を差し入れなかった場合に強制的に決済されてしまうという仕組みです。

 

しかし、相場の急変時など日経平均株価が10%相当変動するような場合には、ロスカットが間に合わず投資額以上の損失が発生するというリスクもありますので、管理には十分注意してください。

④日経225先物取引に向いている人
日経225先物取引は、投資の中でもハイリスク・ハイリターンな商品です。

 

利益を得るためには情報収集が欠かせません。

 

日経新聞などの景気指標に関する記事を読んで、経済の勉強を続けられることが大切です。

 

日経225先物投資には期日が決められています。

 

長期保有ができませんので、投機的な取引を好む人に向いています。

⑤日経225先物取引に向いていない人
投資ですので、100点満点を目指しても、負ける時には負けますが、運任せに売買する人は、ギャンブルしているのと変わりません。

 

自分で考えることをせず、誰かの指示通りにすれば儲かるだろう、と安易な考えで臨むのは危険です。

 

1枚あたりの投資金額が高額ですので、リスクを減らすために、考えた取引を心掛けないと、破産してしまいます。

⑥まとめ
日経225先物取引は、決済期限が決められていて扱う資金も大きい投資ですね。

トレードに慣れていない初心者には非常に難しい投資だと思います。

日経225先物取引を実践する投資家のブログなど読んでみると、成功するための努力を積み重ねていらっしゃいます。

読んでいると、その道で生きている人の考え方にも触れられて、非常に面白いです。

しかし、どれだけ研究して戦略を練っても、相場で勝てる人は、ほんの一握りです。

ハイリスクハイリターンな投資ですので、これから副業を始める人にはオススメできません。

時間はかかっても、確実に、堅実に稼ぐスキルを磨いていきたいと思う私です。